FMV LIFEBOOK UH-X/C3その後

2か月前に「FMV LIFEBOOK UH-X/C3が良い!」なる記事を書きましたが、この「良い!」という気持ちは変わっておらず毎日とても愛用しています。

しかしやはり軽さの代償なのか耐久力的に弱いところがあるのでしょう。まあ持てば自明だけど固さは感じない筐体ですからね。使用して3か月弱くらいになりますが、早くもキーボード面がゆがんできました。机に置くと明らかにガタつきます。ただ、使う前にゆがみと逆方向にちょっと力をかけてあげると平らになるという、なんとも昭和時代の家電製品に対する物理的な対処方法であるかのような何かではありますが、ともあれそれにより特に問題なく使っている次第です。

ということで、そんなことはあれども今でも力強くオススメできるノートPCですが、いちおう注意点を述べておくとしましょう。
もっと読む

食べログのレビューがしんどい

この人に恨みがあるでも何でもなく、たまたま、神田周辺の魚系の店を探してて、たまたま、ぐぐった結果に出てきた食べログの店レビューにおいて、そこでたまたま、頭に出てきたのがこの人のこのレビューでした。

(とある食べログのとあるレビューをリンクしてたんだけど、やっぱり削除しました。何か特定の、ござる系のレビューだと思ってください)
もっと読む

FMV LIFEBOOK UH-X/C3が良い!

まさかFMVを買うとは自分でも思ってなかったんだけど!
富士通のPCを買うのってマジでFMTOWNSぶりなので、それこそ四半世紀ぶりくらい?

いやーそれにしても素晴らしい。

まずなんといっても超軽いの。
ぶっちゃけなんでこれ買ったかっというと軽さで選んだもんね。698g!
店頭で持ったら軽すぎて、店員さんに「これモックですか?」と聞いてしまったほど。
もっと読む

GAAD 2019にあたって、みんな(誰)にアクセシビリティへのコミットを促したい気持ちを吐露しますね

日が変わってしまいましたが、5月16日はGlobal Accessibility Awareness Day (GAAD)でした。世界中でアクセシビリティに関する何かをしようっつう世界規模の自発的イベントの集合体みたいなやつです。

日本では神戸で「アクセシビリティの祭典」というのがもう何年も毎年GAADに合わせて開催されていまして、今回もやっていました。僕がCEOをしています株式会社ネコメシも、今回はロゴスポンサーでもあり、CTOの嶌田くんを現地に送り込むなど積極的にコミットさせて頂きまして、アクセシビリティの盛り上がりに寄与できたかなとも自負しています。

さて、盛り上がりへの寄与という面に関していえば、今年は神戸のみならず東京でも、株式会社freeeさんのオフィスを会場として「春のアクセシビリティーLT&雑談ナイト!」がGAADにちなんで開催されました。でもって、この不詳わたくし、株式会社ツルカメ代表取締役社長たる森田雄めが、LT枠にて参加させて頂いたのであります。
もっと読む

三種の神器

昨日、三種の神器を受け継ぐという「剣璽等承継の儀」を見ていて思ったが、我が家、テレビはもともとあって洗濯機はこないだ買ったけど、あと冷蔵庫なー。🤔

もっと読む

令和

新元号「令和」が発表されましたね。
原義的な意味合いさておいても、令は冷たいながらも知性が感じられて和はほっこり感があり、ようするにツンデレな感じで面白いし、語感とかも悪くないしむしろ良いなと。
観測圏内でも概ねの人々が好感を示しているようなので、昨今の政府発表系のニュースとしてはかなり異例というか、グッドニュースが異例ってのも残念な事態なのかもしれませんが、国をあげてのめでたいムードというのは良いんじゃないでしょうか。

そういうわけで、今年は節目の年でもあるということで、いろいろやりたいことを少しずつでも確実に着手していこうと、心を新たにしたのでした。なんせ新年幕開けの時点で、今年はあれもこれもやるぞーって思ったことがひとつもできないまま4月を迎えてしまったので……。もう今年の4分の1が終わってしまったんですよ、ああ恐ろしい。まあそのうち1か月以上は入院してたしある意味仕方ないんだけども、まあ明日から本気出すぞということで、よろしくお願い申し上げます。

 

令和日本史記 - 126代の天皇と日本人の歩み -
八幡 和郎
ワニブックス
売り上げランキング: 3,133

 

文章を読みたい部分だけ読みたい粒度で読めるアイディアのやつ

もし文章を読みたい部分だけ読みたい粒度で読めるようになったら、というアイデアがめっちゃ面白い「これすごいな」 – Togetter

テキストに対して解像度を設けるというようなアイディアで、面白いなと思った。

この動画のように自力で拡縮するようなUIもいいけど、物理的な話で、案内の立て看などのサイネージが、見てる人との距離によって表示内容が変化するというような応用もありそうだなと思った。たとえば略地図は距離感によってランドマークの粒度が変わるから。AR的に処理もできる。

 

読みたい、読めない、「読む」の壁 (シリーズ日本語があぶない)
齋藤 孝
ゆまに書房
売り上げランキング: 1,321,368

 

映画館のUXがアンコントローラブルな件

最近、こんな話題がありました。゛元映画館従業員が語る“飲食物”についての一連ツイート「映画館も飲食物についてはかなり試行錯誤してる。その結論がポップコーン最強」 – Togetter」”という話。

これで思い出したのですが、先日、マスカレードホテルの上映が、ぼちぼち都心部は終わりそうだというタイミングで、大画面で見ておきたいかなとレイトショーへ行きました。平日のレイトショーなので、実に空いており、快適に見れるかなと思っていたのですが、まあなんというか結論としてはしんどい結果となったのです。
もっと読む