最近の生活時間

生活時間が変わってから1年ちょい経った。
起床時間が7時というのは、それ以前とも変わってないが、寝る時間はだいたい24時か遅くとも午前1時台と、以前よりだいぶ改善された。以前は午前4時くらいだった。
家を出る時間はだいたい8時で、出社時刻は8時半から9時の間。行きすがらにコーヒーを飲むかどうかで若干時間が前後している。
終業時刻は通常19時くらいで、遅くとも20時までには帰宅。今日はちょっと遅くなるぞという時は21時。
気持ち的には19時半より前に帰宅しておきたいところではあるが、まあ、20時までにはだいたい帰宅できているので良しとしよう。以前は22時とか23時とか24時とかだったので。
特にオチはないが、まあ生活時間が変わったなあというメモ。

 

日本人の生活時間・2010 NHK国民生活時間調査
NHK出版
売り上げランキング: 597,302

 

本日の気になるUIとかUXとか:Windows Hello 顔認証

あの目みたいなやつ

Windows10には、Windows Hello 顔認証という仕組みがあって、対応カメラでそれを使うと、たとえばログイン時にパスワード入力などしなくても顔パスできるようになる。
これはこれで便利だなと思うわけなのだけども、ちょこっと離席したい時などの挙動がどうにも解せない。
もっと読む

1年目の終わりの月

去年の9月から、4人家族として生活してきており、8月はそれの1年目の終わりの月である。1人の生活から4人の生活になって変わったこととかについて、まあ記録的な意味合いも込みでなんか書いておきたいなーと思っているんだけど、なんというか事実は常に流動的というか、いまひとつ良さげなタイミングというのが無いんだよね。困ったものです。とりあえずそのうち書こうとは思うのだけれども。

 

のぼり旗スタジオ のぼり旗 一周年006
デザインスタジオスプレッド

 

買ってよかった家具的なもの

ここ半年くらいで楽天でいろいろ家具的なものなどを買ったのだが、これは良かった、これは良くなかった、という感想を共有しておきたい。

という内容をあとで追記するので、とりあえず場所取りだけしておく次第である。

 

買ってよかったモノ語り
森優子
晶文社
売り上げランキング: 1,194,821

 

父の日に金麦を贈ったった

今年の父の日は6月19日です。

1ヶ月切りましたので配達日指定でのネット注文も余裕でできる頃ですし、ぼちぼち発注しとかんと忘れるなあということで。
ちなみにうちの父は既に他界済みですが、今年からは義父がおりますゆえ、父の日対応を忘れてはなりません。

妻によればビールがとにかく好きだということと、昨今のお気に入りは金麦らしいということで、金麦のギフトセットみたいなやつがあればいいなと思ったわけです。まあ金麦はビールじゃないけれども。

もっと読む

【本】絵くんとことばくん

主人公が母親にお小遣いを増やしてもらうためにポスターで訴えるという本。グラフィックとコピーの面白さというだけでなく、情報の切り口や伝え方といったアプローチも試行錯誤してプレゼンテーションの精度を徐々に高めていく過程がとても面白い。
義弟の誕生日プレゼントとして贈ったけれども、その後、義弟も実際にお小遣いを増やしてもらおうとしたようで、ほほえましい。(全然相手にされずに撃沈したようではあるが)
子ども向けではあるが、ふだんコミュニケーションデザインを実務としていない、あるいはデザインの初学者向けに、考え方の入門書としてもわりと良いと思う。

絵くんとことばくん (たくさんのふしぎ傑作集)
天野 祐吉
福音館書店
売り上げランキング: 72,829

 

もし50万円あったら(どうすればいいのかわからない)

みんな(誰)は貯金ってどれくらいあるんだろう。僕はほんとになくって、こんなことで大丈夫なのかしらと不安に苛まれながら生きている。貯金を増やすには何をどうするのが効率がいいのかわからないんだけども、まあ投資ってやつなのかなあと思ったり、思わなかったり。

2007年7月の記事なんだけど、マネックス証券に「もし50万円あったら(ポートフォリオ 投資信託編)」というのがあって、いわゆる投資信託の分散投資について、その筋の専門家たちが自分だったらこんな風に投資するというのを紹介している。

で、とりあえず2007年7月からすると今9年くらい経ってるわけで、当時この記事を見て「ふむふむ!なるほど!」ってそのまんま投資してたらどうなっているのだろうというのを、雑に計算してみた。
もっと読む

副業のやつの追記(長文注意)

昨日書いた「副業とは己の力を問うものだけを指す」の記事に関する界隈の反応を見たところ、じゃっかんの追記が必要かしらと思った。

しかしこれはこれで長くなりそうなので、新しい記事という形で、反応をいくつかピックアップしつつ進める。

※なお僕は労働基準法の専門家ではないので、実務的にどうなのか等の詳細については労働基準監督署なり社労士さんなり何なりに確認してください。
もっと読む